Special Contents

 

「創業・経営支援」「相続」について

Special

Special Contents

「創業・経営支援」「相続」について

「創業・経営支援」「相続」について

「創業・経営支援」「相続」についてのご相談

「起業や相続の際はご相談ください、と言われても具体的にどんなときに相談すればいいのか分からない」という方は少なくありません。こちらでは、税理士の仕事内容からご説明し、「創業・経営支援」「相続」について、より掘り下げた内容をご紹介しております。

税理士の仕事とは?

「税理士」とは、ひとことで表すと「税務の専門家」です。会社を経営すると法人税、所得税、住民税、相続税など、あらゆる税金が発生します。また、個人でも遺産を相続した際は相続税という今まで考えたこともない税金を処理しなければなりません。しかし、税務は専門性が高く手続きや規定が非常に細かいので、ご自身で対応しようとすると膨大な時間とコストがかかってしまいます。
このようなときに、皆様をお手伝いするのが「税理士」です。税額を代わりに計算したり、税務署への申請・申告を代行したり、税務の面から総合的なサポートを行います。

税理士が行う「創業支援」とは?

税理士が具体的に行っている創業支援は、「事業計画書の作成」と「事業開始後の経営アドバイス」です。
新しく会社を設立しようとすると、必ず事業計画書の提出を求められます。この計画書がしっかり作成されていないと、創業融資が受けられないなど会社設立までの道のりが遠くなってしまいます。また、無事に会社を設立したとしても、その後の資金繰りがうまくいかないと会社は潰れてしまいます。
私たちは、このような事態にならないように事業計画書の作成サポートと、その後の経営アドバイスを行っております。経営者様の新しい道を、ともに切り開いていきたいと思っておりますので、起業をお考えのタイミングでご相談ください。

税理士が行う「経営支援」とは?

税理士は税務のプロです。社長の考える未来を数値化することで、より具体的かつ戦略的な目標を定めます。そして「新店舗を出したい」「人を採用したい」など、一つひとつの目標において、かかるコストや融資の必要性など、資金まわりの適切なアドバイスやサポートを提供。経営者にとって唯一無二のパートナーとなり、ともに未来を考えていきます。

税理士が行う「相続対策」とは?

税理士が行う「相続対策」とは、「相続税の減額」と「相続税申告」です。
遺産を相続すると、「相続税」という財産を受け取った側に課せられる税金が発生します。資産が多ければ多いほど、支払いの額も大きくなっていきます。代々受け継いできた資産が、どんどん小さくなっていく…ということも珍しくありません。
そこで、遺産相続をする前に相続税を減額させるサポートを行うのが、私たちの役割です。資産によっては、相続税がいくらか控除されるものがあったり、相続する人数で税額が変わったりと、相続税の算出は複雑な工程をふみます。その工程の中で、少しでも資産を多く残せるよう、私たちがサポートいたします。また、相続後に必要な「相続税申告」も代行して行います。相続が近々あるかもしれないと感じたら、生前準備としてご相談ください。